リィンカネのニーアのストーリーに納得した

目安時間:約 5分

こんばんは、りん酸です!

 

つい数日前、ニーアレプリカントのEエンディングを見て、色々考えた事があるので書いていこうと思います。

 

ただ、僕の勝手な考察であり、ニーアシリーズが好きですがまだまだにわかな部分が多いので、補足や間違いがあったらコメントで教えてくれると嬉しいです。

 

まず、Eエンディングはver1.22から追加されたもので、これは後日談の小説をもとにして作られたそうです。

 

―――――ネタバレ注意―――――

 

Eエンディングのあらすじとしては、どうしても魔王を倒す旅をしていた仲間がもう一人いた気がするカイネが、神話の森に行くところから始まります。

 

(実際は気分転換にマモノ狩りしてたりする)

 

神話の森に行くと、住人たちが虐殺されていました。

 

その犯人はマモノではなく、ロボット山で見たような機械たちです。

 

その機械たちは例の巨大な木の中から出てきていました。

 

カイネはその中へと進んでいきます。

 

そこには明らかに人工的な空間があり、謎の双子(?)と出会います。

 

その雰囲気はニーアオートマタの赤い少女(N2,ターミナル)とどことなく似ています。

 

その双子に導かれ、闘いながら進み、カイネは失った記憶(Dエンド参照)を取り戻します。

 

その後、カイネとニーア(通称)が大きな月の涙の中から出現する、といったのがEエンド(ルート)の内容です。

 

なんか上手く説明できてないですね…。

 

まぁ伝わってると思います。()

 

このとき、出現したニーアは少年期の姿となっています。

 

ここで、僕は一つ思ったのです。

 

それはリィンカネの★4ニーア(世界を滅ぼした男)のストーリーです。

 

村に住む人たちのお願いを聞く。そうやってお金を稼ぐ。

両親のいない俺たち兄妹。小さい頃から生活は変わらない。

それでも嬉しいことはある。5年前にヨナの病気が治ったんだ。

元気になって本当によかった。あとはいつか素敵な人と……

 

そういえばヨナの姿が見当たらないな。

え、シチューの材料を買いに行った?

なんで引き止めなかったんだ、エミール!!

 

ヨナの病気が治ったのは、魔王を倒した、というかオリジナル・ヨナが消滅した時でしょう。

 

このニーアの絵を見ると、あまり青年期のときから年を取ったようには見えません。

(まぁ大人になると数年じゃあまり変わらないっていえばそれまでですが…)

 

それなのに、病気が5年前に治ったというのは何かおかしい感じがしていたんです。

 

ただ、Eエンドから考えると、ニーアが少年期(魔王を倒す5年前)の姿で出現し、その時点から5年が経って青年期の姿で、リィンカネのニーアのストーリーのようになっているとも思えます。

 

つまり、Eエンドの内容を知らないとこのストーリーは上手く理解できないのです。

 

なんかこっちも上手く説明できてる気がしませんね…。

 

まぁそんなことを思いながらEエンドを見てました。

 

皆さんはどう思いますか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

調べてほしいことやまとめてほしいことがあったら、気軽にコメントかお問い合わせへ!

○やってるゲーム(対応できるゲーム)とか→中の人情報

PR
最近の投稿
カテゴリー
Amazon
最近のコメント
↓このブログのテンプレート

ページの先頭へ