【重要】メトロロイヤルでやっておきたい設定

目安時間:約 4分

今回はメトロ用の設定についてです。ご質問やご意見はコメントにお願いします!

 

メトロ用の設定

知らない方がいるかもしれませんが、実はメトロ用の設定があります。

 

それは「取得設定」です。

 

他の設定にはメトロ用の設定はありませんが、取得設定には存在しています。

 

設定から取得設定を開くと、一番上の欄に「CLASSIC」と「Metro Royale」という項目があります。

 

Metro Royaleの方を選ぶと、通常(CLASSIC)と全く違う分類の仕方がされた設定画面になります。

 

通常の弾数の上限設定はAR,DMR,SR,…,ハンドガン,その他のように武器の種類によってカテゴリが分けられ、それぞれ個別に武器毎で設定できます。

 

しかし、Metro Royaleでは弾薬の種類毎に分けられ、それぞれ個別の弾薬の状態(腐蝕修復、…、燃焼)毎で設定できます。

 

設定できるのは9mm,7.62,5.56,.12,.45,.300で、クロスボウボルトやグレネード弾薬は設定できません。

 

ただ、クロウボウボルトの方はおそらく、CLASSICのクロスボウ-クロウボウボルトでの設定が全ての弾薬の状態に適用されています。

 

また、弾薬だけでなく、回復品や投てき物、スコープもCLASSICとは別の設定を出来ます。

 

ただし、自動取得、自動取得OFF(取得リストを閉じた時)、自動取得ハンドガン、自動取得Lv.3バックパック、スコープを自動取得、スコープ自動装着、キャンテッドサイトを自動取得、マガジン取得優先度といった基本のものは残念ながら個別に設定する事は出来ず、CLASSICの設定が適用されます。

 

弾を自動取得するには、通常のモードと同じく、対応している武器を装備している時にしか働きません。

 

例)

5.56mm弾薬(腐蝕)を100個までは自動取得するように設定し、装備しているのがAWMとMk14で、バックパックの中にはM416が入っているが5.56mm弾薬(腐蝕)は0個という場合、5.56mm弾薬(腐蝕)が落ちていても自動取得は働かない。

 

余談:弾薬の消費優先度

先にも書いたように、メトロロイヤルではそれぞれの弾薬に腐蝕一般研磨爆発燃焼の6つの状態が存在します。

○関連記事:【メトロロイヤル】弾薬と武器アタッチメント情報まとめ!

 

自分で装填し直さない間は、決まった順番で装填されていきます。

 

腐蝕一般研磨爆発燃焼という順番で消費されます。

 

僕は最初の頃、ダメージアップ効果の低い順で腐蝕一般研磨燃焼爆発かなと思っていましたが、レア度順でした。

 

また、腐蝕が20個で一般が20個あり、装填できる弾数が30発の場合、腐蝕が20個しかないから20発分しか装填できないというわけではなく、ちゃんと一般分も装填され、マガジンの内訳は腐蝕20+一般10というようになります。

 

この場合は最初の20発は腐蝕のダメージが入りますが、最後の10発はしっかり一般のダメージが入ります。

 

この状況で一般を選んで装填した場合は一般20+腐蝕10という内訳で、最初の20発は一般のダメージが入りますが、最後の10発はしっかり腐蝕のダメージが入ります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
【期間限定】おすすめ!

※画像は直接ハピタスに飛びます

紹介記事はコチラ!

最近の投稿
カテゴリー
PR
最近のコメント
メタ情報

ページの先頭へ