【PUBGモバイル】Dominationやってて思う事

目安時間:約 6分

そもそもDominationとは?

Dominationはアリーナモードの一種で、他のアリーナモードと違って勝利条件がキル数ではなく拠点を占拠する事になっています。

 

ルールやシステムについての詳しい解説は以下の記事を参考にどうぞ!

【PUBGモバイル】Domination、Assault情報まとめ!

 

さて、僕はDominationが好きで、このモードをやりこんでいます。

やりこんでいるといっても、ちょっと情報や小手先のテクニックを知っているだけです。

 

加えて元々下手くそなので「Dominationなら俺は無敵!」って感じでもありません。

普通に負けまくってます。

 

なぜアリーナモードの中でも、Dominationが好きかというとキル数(キルレ)が勝利に直結するわけではないからです。

 

無論、強い人が有利ではあります。

ただ、他のモードと違ってキルされてしまっても問題無いと言えばないのです。

 

キルレもあまり気にする必要はありません。

 

とにかく拠点に入ればいいのです。

また、キル数が勝利条件に関係ないので、近距離戦の練習として使う方が多いアリーナモードの中では一番練習できると思います。

 

何度もやってて思う事

それは、なぜか負けているのに拠点に入ろうとしない人がいる事です。

差別とかではないのですが、そういうのは日本人以外に多い印象です。

 

ルールを理解していないのか、全然拠点へ入ろうとしないのです。

 

普通に入る事を意識してれば勝てるような試合も、そんなプレイヤーが味方にいると負けてしまうという事が多々あります。

 

無論、残りの開放時間的に逆転は無理だという場合は仕方ありません。

むしろ次に開放される拠点を予想して先回りしておく事も重要です。

 

しかし、まだ時間の余裕もあるのに、拠点に入らないでキルする事ばかり狙ってるプレイヤーがいるのです。

しかもそういうプレイヤーって逆にキルされてる事が多いです。

 

本当に何がしたいのか分からないですね…。

 

折角勝てそうなのに、自ら負ける動きをする意味が分かりません。

 

キル数だけを稼ぎたいならDomination以外のアリーナモードでいいじゃないですか。

わざわざDominationに来て勝つための動きをしないならただの迷惑です。

 

ちょっと違う例えですが、CLASSICのスクワッドにオートマッチングONで入ってきてソロスクする人と同じ感じです。

 

ソロスクするならオートマッチングOFFにして…。

Dominationで勝つ気ないなら他のアリーナモードに行って…。

 

チームキルの影響の大きさ

Dominationは他のアリーナモードよりも、チームキルの影響が大きいです。

 

他のアリーナモードではチームキルがあっても、別に相手のポイントが進むわけでもないし、こちらのポイントが減るわけでもないので問題無いと言ってもいいかもしれません。

(と言っても、チームキルは普通に違反行為の一種です。アリーナモードでは誤チームキルが起きやすいのでお互いに気を付けましょう。やってしまった場合は素直に謝罪するのが良さげです)

 

ただ、Dominationでチームキルが起きると、拠点に入れなくなるor拠点を守れなくなります。

他のアリーナモードよりもDominationは人数が重要なのです。

 

他のアリーナモードでは1vs1の状況が作りやすいですが、Dominationでは拠点という行くべき場所が決まっているので、どうしても複数vs複数の状況が多発します。

 

この時に人数が少ない方が当然不利です。

 

なのでチームキルで人数が減るという事は大きく勝敗に影響します。

 

まとめ

Dominationで気を付ける事は、

 

・勝利条件をしっかり意識しよう

・チームキルの影響が大きい

 

という感じです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

【PUBGモバイル】Domination、Assault情報まとめ!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
【期間限定】おすすめ!

※画像は直接ハピタスに飛びます

紹介記事はコチラ!

最近の投稿
カテゴリー
PR
最近のコメント
メタ情報

ページの先頭へ