怖い話を読んだ後の怖い話

目安時間:約 3分

こんばんは、りん酸です!

 

今回の内容はゲーム日記というより、ただの日記に近い感じですがなんとなくこっちのブログに書きたいなって思ったので書き始めてます。

 

以下は今日、日記ブログの方に投稿した記事です。

十数年も前のヤンデレ

 

この記事の最後では、読んだ本(家に棲むもの)を紹介しているのですがAmazonで調べた時に少し背筋が凍るようなできごとがありました。

 

まずはそのときのSSを。

 

この本の販売ページの下部、いつも通りのおすすめ商品コーナーなのですが…。

 

・家に棲むもの (今回紹介した本)

・肉食屋敷

・脳髄工場

・人獣細工

・忌憶

 

これらはなんと「父から借りた5冊」とまったく一致していたのです。

 

5冊借りたということも日記ブログの下記の記事に書いてます。

自分用の本棚が欲しい

 

そして以下が今、僕の手元にある本の写真。

 

既に2冊読み終えた事は同記事にも書いています。

読み終えたらすぐ返すように僕はしているので、写真では3冊しか写っていませんが返した2冊は間違いなく「人獣細工」と「肉食屋敷」でした。

 

この小林泰三さんの代表作がこの5冊しかないというわけではなく、他にも多数のホラー小説を書かれています。

Amazonのおすすめ商品コーナーの、1ページ目に自分が読んでいる本とまったく同じ本が出される。

 

それも5冊とも。

 

偶然と言えば偶然なのですが、怖い話を読んだあとであらぬ方向に考えてしまっています。

 

プロフィール(中の人情報)でも書いている通り、ホラーは好きですが実際に自分にそういうことが起きてほしいとは考えていません。

 

このまま何もない穏やかな日常を望みます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

調べてほしいことやまとめてほしいことがあったら、気軽にコメントかお問い合わせへ!

○やってるゲーム(対応できるゲーム)とか→中の人情報

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

PR
最近の投稿
カテゴリー
Amazon
最近のコメント
↓このブログのテンプレート

ページの先頭へ